賃貸物件の価値を維持するために|マンション大規模修繕を依頼しよう

女性

価値を高める比較ポイント

安心して任せられる業者を選ぶことで、マンションの価値を守るマンション大規模修繕を行えます。事細かに工事金額を算出する業者を選び、追加費用が発生するリスクを抑えましょう。また、積極的にアフターメンテナンスを提供する業者であれば、次のマンション大規模修繕も安心です。

男の人

毎月の修繕積立金

マンション大規模修繕にかかる費用は一戸あたり100万円が相場と言われています。そのため毎月1万円前後を修繕費として積み立てるのが目安です。施工会社と会議をするときには、コンサルタントを入れることによって工事費を適正価格にすることができます。

マンション

工事よりも計画が大切

マンション大規模修繕をするときには、実際の工事の前の委員会の体制や計画を作ることが最も重要です。委員会にはマンションの自治会以外に外部からの人間もいれるようにして、意見を聞きながらマンション全体の意見として集約してください。

工事現場

資産価値を守るための工事

マンションの資産価値を維持し、快適な暮らしを守るためにはマンション大規模修繕が必要です。建築してから10年ごとに行われるのが一般的です。住人はそのために積立金をしています。管理組合が工事会社を選ぶ場合は入札になりますが、事前に工事履歴や実績を調べます。なるべく地元周辺の業者を選ぶようにします。

賃貸経営者向けのプラン

ヘルメットを持つ人

物件の価値を高める方法

完成当初は稼働率が100パーセントのマンションでも、時間の経過と共に空室が増えるために、賃料収入も減るのが一般的です。けれども計画的にマンション大規模修繕を行うと、建物を新築当時の姿に再生させることができるので、高い稼働率が維持できるでしょう。賃貸マンションの場合には、所有者のニーズに合わせて自由自在に工事を発注できるので、マンション大規模修繕の流れもスムーズです。アパートやマンションのリニューアル工事を、幅広く手掛ける業者に相談すると、最適な施工プランを紹介してくれるでしょう。施工を依頼する場合には、マンション大規模修繕工事を行う業者の、訪問見積もりサービスを利用するのがポイントです。特に建物外部の点検を十分に行って、緊急性の高い補修個所を確認してから、マンション大規模修繕の計画を立てるのが理想的です。築年数が浅い建物の場合には外壁塗装がメインですが、老朽化が進んだ建物の大規模修繕では、配管のリニューアルが大きな課題です。目立つ部分だけではなくて、普段は見えない部分にも注意しながら建物全体の機能を高めるのが、クオリティーの高い工事を行うコツです。更に建物の外観や共有部分に加えて、住居部分の設備のリニューアルも実施するのが、理想的な賃貸向けの大規模修繕工事のスタイルです。最新のシステムキッチンを導入したり、機能性の高いエアコンや給湯機に取り換えることで、入居者の満足度も高まるでしょう。