白い洗面所

防犯を考える

いろいろな工具

近年増えている空き巣も、現在販売されている防犯グッズで対策を練ることができますがまずカギについて見ていきます。カギは玄関のドアはもちろんのこと、窓ガラスにも取り付けてあります。このカギの防犯対策としては、「開けにくカギ」にすることです。空き巣や侵入窃盗は時間がかかることを非常に嫌い、侵入に5分以上かかると諦めると言われています。開けにくいカギというのは、玄関のカギを開けて侵入する手口のピッキングやカム送り、サムターン回しの対策がなされているカギのことで、これらのカギを取り付けることでカギを開けて侵入する空き巣や侵入窃盗の被害を防ぐことが出来ます。

ガラスの防犯対策は「割れにくいガラス」にすることです。空き巣や侵入強盗の侵入経路として最も多いのがガラス破りですので、割れにくいガラスにすることが防犯効果が最も高いと言われています。具体的に割れにくいガラスといのは防犯強化ガラスで、業者に依頼してガラス交換することも出来ますし、ホームセンターで購入し、自分でガラス交換することも出来ますが、取り付けに部材や道具が必要ですし、安全面を考えるとガラス交換は専門の業者へ依頼する方法をオススメします。そして最後にホームセキュリティーです。ホームセキュリティーと契約し、警備会社のシールを玄関や窓ガラスに貼るだけで侵入を諦める確率が非常に高いと言われています。開けにくいカギに交換、割れにくいガラス交換、ホームセキュリティー契約、この3つが完璧な防犯対策です。