賃貸物件の価値を維持するために|マンション大規模修繕を依頼しよう

価値を高める比較ポイント

女性

見積書に表れる丁寧さ

マンションの管理組合にとって非常に重要な決断となるのが、マンション大規模修繕の業者選びです。10年に1度行う必要があるマンション大規模修繕は、マンションの価値を大きく左右します。誤って業者を選択すると、住民全員が金銭的にも精神的にも大きな損害を被ります。複数の業者を比較し、マンションに最適な業者に発注しましょう。比較の際に2つのポイントを徹底的に確認すると、安心の業者を選択できます。安心の業者は、マンション大規模修繕工事が始まる以前から仕事ぶりが丁寧です。その丁寧さは見積書にも表れます。ただ工事総額を提示してくる業者は論外です。このような業者に発注してしまうと、追加費用が発生する恐れがあります。安心して発注できる業者は、工事段階別または各工事別に事細かに金額を算出します。また、各工事にかかる日数も同時に提示するため、追加費用が発生する恐れがありません。さらに、この工事がなぜ必要なのかと、各工事内容を説明するのも安心して発注できる業者の特徴です。金額だけではなく、見積書を提示する業者の姿勢をしっかりと確認しましょう。もう1つ確認したいのが、アフターメンテナンスです。マンション大規模修繕は、10年後も行う必要があります。次のマンション大規模修繕の工事費用が抑えられるかは、今後10年間の補修工事にかかっています。マンション大規模修繕は、工事が完了して終わりではありません。そこからが次のマンション大規模修繕のスタートです。不具合箇所がないかを積極的に聞いてくる業者を選ぶことで、今後10年間を安心して過ごせます。また、他の業者でもスムーズに補修工事を行えるように、施工計画書や工事完成図書、工事写真を作成する業者を選ぶことも重要です。