賃貸物件の価値を維持するために|マンション大規模修繕を依頼しよう

資産価値を守るための工事

工事現場

地元周辺の工事業者を選ぶ

マンションでは経年劣化を防ぐために定期的にメンテナンスを行います。その中で最も規模が大きいのがマンション大規模修繕です。マンション大規模修繕は10年目に行うのが一般的ですが、入居者はそのための費用を毎月積み立てているはずです。その費用を使ってマンション大規模修繕は行われます。大手の建設会社の場合はマンション大規模修繕を行う系列会社を持っているので、その会社が工事を担当することになります。そうでない場合はマンションの管理組合が、大規模修繕を行う工事会社を決めることになります。その場合、管理組合は全住人に通知をして、入札という形で工事会社を選ぶことになります。その時に重要なのが工事費用です。積立金でまかなうことができるように手配する必要があります。材料費や人件費の高騰などで費用が不足する場合は、住民から新たに追徴することになります。これらは管理組合がオープンな会議を開いて決めていきます。マンション大規模修繕を行う工事会社を選ぶ時は、なるべく地元周辺から選びます。なぜかというと地域の情報に詳しくて工事がスムーズに進行させることができるからです。また工事履歴を調べて、実績をチェックすることも大切です。経験豊富な工事会社なら安心して任せることができます。築10年と20年では工事内容が変わってくるので、その点のチェックも必要です。排水管の腐食を防ぐ工事もやるのか、外壁工事だけで済むのかなどを事前に確認します。